判定

要注意


コメント




厭世主義者同士のこの組み合わせは、結婚式場で互いに離婚の不安がわいてくるようなタイプですから、これは避けるにこしたことはありません。 何があってもたがいに満足できず、焦燥と不安と不満のルツボの中で生活するようなものです。